毛髪の状態

今回は、毛髪の状態について説明していきたいと思います。 参考文献は 新ヘア・サイエンス 日本毛髪科学協会 著です。

毛髪には、直毛 くせ毛 縮毛  等があります。

この状態は、人種や民族によって異なります。

日本人の92%が直毛です。美容のためにパーマをかけたりするのは皆さんもされていると思います。

毛は毛包の生えている方向に伸びていって、毛の断面は円形の様になります。

くせ毛の方の毛包は狐状になっています。毛は毛包内でねじれながら伸びていって、その結果、くせ毛の様になります。その断面は楕円形になっています。毛球部の曲がり方が強いほどくせ毛になるそうです。

円形脱毛症が治った時に、今まで直毛であった方が部分的にくせ毛になってしまう事があります。

これは、皮膚の真皮にある結合組織も障害を受けて線維化してしまって、その影響で再生した毛球部が少し曲がってしまうからと考えられています。

縮毛、いわゆる ちぢれ毛 の毛包は極度に曲がって、毛球部は逆さをむいてしまっています。毛は渦を巻いてしまっており、その断面は扁平となっています。

縮毛は、アフリカ人の方は一般的な状態ですが、日本人にとってはわずかにしか見られないです。日本人は直毛が多いので、縮毛で悩まれている方の悩みは深刻です。また、ウーリィー・ヘア 日本語に訳すと 羊の毛の様な毛 という意味ですが この方は毛が細くて薄く、茶色っぽいちぢれ毛である事が多いです。

毛髪の変わった形状では

・連珠毛

・毛髪縦裂症

・白輪毛

・結節性裂毛症

・ネザートン症候群

があります。それぞれ説明していきます。

連珠毛は、毛髪の毛幹がふくらんだ部分と細くなった部分が交互にできてきて、数珠球を繋いだ様にでみえる事からいわれます。この膨らんだ部分と細い部分の間隔は、短いものと長いものがあります。この細い部分は切れやすくなっています。優性遺伝で家族内で同じ症状を持つ方がいて、日本人には稀な毛髪の状態です。

毛髪縦裂症は、毛髪の先端の2センチ以内の部分に縦裂を生じて、根元に向かって裂けている状態です。

また、キューティクルについてお話をしていきたいと思います。

キューティクルは、髪の毛の外側の部分の事を言っています。

髪の毛は、外側からキューティクル(毛小皮)・コルテックス(毛皮質)・メデュラ(毛髄質)の3層からできています。

毛小皮は、外部からの刺激、摩擦に耐える強くて丈夫な性質です。薬品やブラッシングなどの刺激から毛を保護して、毛に光沢を与えて毛髪成分の流出を防いでいます。

ここでキューティクルの構造についてお話をしていきたいと思います。

キューティクルの構造は、毛の最外側にあって1,000分の1ミリほどの無色透明な薄いうろこ状になっています。キューティクルは重なりあっていて、外側から見えている部分は1枚のキューティクルのほんの一部です。

このキューティクルは1枚で毛の外周の二分の一〜三分の一を包み根元から毛先に向かって偏平のうろこ状に重なり、重なりあっているその間には細胞複合体があって、キューティクル細胞同士を接着している綺麗な模様をしています。

その硬いうろこと表面に持っている脂質で物理的な損傷から毛髪を守っています。

硬い髪では、約10枚、軟らかい髪では約3枚重なり光を反射して毛髪に光沢を与えています。

キューティクルはタンパク質が主成分で毛皮質のタンパク質とはシスチンやリン脂質の含有量などに若干の違いがあります。

毛の引っ張りは横方向に対してコルテックス領域のキューティクル同士が接着されているため縦方向より強度が弱く烈毛、枝毛になりやすくなります。

また髪は水を吸うとキューティクルが開くという現象が起きやすくなります。

まとめるとですね

キューティクルは、毛髪の表面をおおっている部分です。

外部の刺激から毛髪内部を守り、コルテックスのタンパク質や水分が失われないように働くと同時に、髪につやを与えています。

根もとから毛先に向かってウロコ状に重なって1枚の細胞は非常に薄く、通常4~5枚が密着した層をなしています。

健康な髪は、紋理が規則的に整った波状をしていますが、傷んだ髪は乱れています。主成分は、イオウ含有量の多いケラチンで、色は無色透明。硬い反面、もろくて摩擦に弱いため、無理なブラッシングや乱暴なシャンプーによって傷ついたり、はがれやすくなったりします。