薄毛と女性ホルモンの関係

女性の薄毛の原因・タイプ

最近、女性で薄毛を気にされる方が多くなっています。しかしながら、その原因は不明な事が多く、研究が進められています。男性に比べて女性は、身体の変化はもちろんのことですが、見た目に与える影響が大きいです。男性の薄毛原因(特にAGA)に関してはわかってきていますが、女性の薄毛は症状も千差万別で、未だに原因が特定されていません。

日本皮膚科学会が公表している脱毛症診療ガイドラインをみても、男性と比較しても推奨される治療法が少ないことが現状です。女性は閉経に代表される身体的な変化によって男性ホルモンの影響が大きくなることで生じる女性の男性型脱毛症や年齢を重ねるにつれて起こる加齢性の脱毛症、出産によって急激にホルモンバランスが崩れてしまうことによって起こる出産後脱毛症があります。

 

女性の薄毛のタイプは様々ありまして、女性型脱毛症は Female Pattern Hair Loss (FPHL)と呼ばれています。この場合に毛包をみると小さく収縮してしまって軟毛が増えていて、毛周期のうちの休止期毛が増えるといった状態になります。しかしながら、程度が軽いので軽く頭髪全体にびまん性に症状がみえるので、明確な診断がつきにくいのが問題となっています。

 

※女性の男性型脱毛症:女性でも量は少ないのですが男性ホルモンがあります。女性ホルモンがあるため薄毛になりません。この女性ホルモンが減ると相対的に男性ホルモンが多くなって薄毛になる症状を女性の男性型脱毛症(FAGA)といいます。女性ホルモンの減少理由は加齢やストレスなどですが一定量は分泌されるため、髪の毛が全て抜けるようなことは少なくて、全体的に薄くなる髪が細くなる、他の部位に比べて頭頂部での薄毛が目立ってきます。

人間のホルモンは全部で40種類以上あります。その中で女性ホルモンと呼ばれるのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類です。卵胞ホルモンは子宮に作用して、受精卵のベッドとなる子宮内膜を厚くする働きをします。女性らしさを作るホルモンとして、乳房の発達、皮膚、骨、筋肉、脳などの働きにも関係しています。黄体ホルモンは子宮内膜を受精卵が着床しやすいように整えて妊娠を促します。また体温を上昇させる働きがあり妊娠した場合は分泌が続き、赤ちゃんが育ちやすい子宮環境を整えます。妊娠していない場合は分泌は減ります。

 

 

 

女性ホルモンを増やすには?

当院で実際に効果があったのは以下の内容となります。

・大豆製品を摂取する。

当院では毛髪を太くするための食品として、植物性タンパク質と動物性タンパク質の2種類をおすすめしています。これを上手に配合していく事で、毛根から出てくる毛を太く、本数を多くするように促します。
また、最近では女性ホルモン類似物質である「エクオール」を含むサプリメントを摂られる方も多いですが
なるべく食品から摂る様にするといいです。タンパク質の吸収率を上げるために、レモン水を飲むことによる腸内洗浄もおすすめしています。

 

・ストレスをためない

ストレスを溜め込むと、頭皮または毛髪に影響があります。過度なストレスがあると女性ホルモンの分泌にも影響があります。恋をすると女性ホルモンが増える傾向にあります。これは都市伝説ではなく事実だと思います。ですので自分の周りの環境は常にいい状態にしておきたいですよね。

 

・適度な運動をする。

激しい運動をしない激しい運動などにより、体重が激減すると女性ホルモンのバランスが崩れる原因になります。例えばマラソン選手など、激しい運動により体重が激減し、生理が止まってしまう事もあります。ウォーキングやストレッチなどの適度な運動は、自律神経を整えたりするのでおすすめです。薄毛で悩まれている女性の方の多くは真面目な方が多いので運動をするのを一生懸命にされるので注意が必要です。

 

・タバコは吸わない。

タバコを吸っている女性は、生理が終わるのが早くなってしまうと言われています。女性の身体には喫煙は害があります。禁煙も心がけるといいと思います。




女性の方で薄毛で悩まれている方への
特別なご提案

数名限定の治療が受けられます。