女性の薄毛で育毛剤について

女性で薄毛に悩まれていて、育毛剤を使われている方は多いと思いますが

よく聞くお話で

薄毛で育毛剤を使っているのに何で髪と頭皮が使う前よりも状態が悪くなっている・・・

何でですか?

と聞きます。

これは、一体何ででしょうか?

これは、育毛剤に大量に入っている アルコール の存在と言われていますね。

大体が濃度が50%、半分近くも入っている事が多いです。

ではなぜ育毛剤のメーカーは、大量のアルコールを使っているのでしょうか?

答えは、 育毛剤に入っている毛が増える成分を頭皮にある毛根の下にある細胞までしっかりと届ける為に入っています。

しかしながら、この強力なアルコールの為に髪や頭皮が傷んでいると考えられます。

育毛剤を薄毛で気になる頭皮の部分につけた際に スッ とする感覚は 実はこのアルコールなんですよね。

この感覚って何か分からないですけど、頭皮に効いている〜 って感じもしますしね。そこを狙ってメーカー側も使用している様です。

アルコールが弱い方や全くダメな方は、皮膚がダメージを受けやすいので薄毛で使用する際は考えてみるのもいいですよ。

ここで、疑問に思われる方もいると思うのでお答えします。

じゃあ、市販されている育毛剤は全てダメなのか?

という事ですが

そんな事はありません。

ネットや薬局で 必ず生える!!  髪が元気になりました!!  などの広告を目にする事があると思いますが

どれを選んでいいのか分からないというお声をいただく事があります。

TVCMやラジオでタレントさんが使っているから とかで決めてしまいますよね??

何を基準に決めたらいいのでしょうね?

私の個人的な意見としては、 育毛剤のアルコールの成分が低いものを選ぶ事をお勧めします。

アルコールが全てダメという事では、ありませんよ。

ある研究者によると育毛剤のアルコールの適切な濃度といったものは分からないらしいですが、私は、大学が理学部化学科でしたので、そこから考えると5%ほどが適切かなと思います。法律的には、どれくらい配合した方がいいかは表示する義務はないです。

育毛剤の裏の表示で上から書いてある順に入っている成分があります。

心配な方は、しっかりと裏面を見られたらいいですよ。

女性の薄毛で悩まれている方は、参考にされたらいいかと思います。

女性の薄毛治療で効果のある育毛剤って?

ですが、前回までのブログで女性の方で薄毛で悩んでいて育毛剤を使おうと思っている方は、育毛剤の成分の中にあるアルコールが少ないものを選んだ方がいいと書いてきましたが、今回は育毛剤の中に入ってる成分について述べていきたいです。

おおまかに分けて次の通りになります。

  • 血行促進
  • 毛髪が成長する細胞に作用するもの
  • 皮脂が出るの抑えたりするもの
  • 頭皮に栄養を与えるもの

があります。この他にも各メーカーがビタミンが多く入っていたり、保湿成分が入っていたりと特色を持って販売しています。それぞれ説明していきますね。

まず血行促進ですが、これは薄毛の方で多いのですが頭皮が硬くなってしまっているので、頭皮の血流をよくするための成分として ビタミンE  センブリエキス  ミノキシジル 等があります。

毛髪が成長する細胞に作用するものとして、塩化カルプロニウム アデノシン アルニカエキス プラセンターエキス 等があります。 この成分にあっている方は、コシがなくて細い毛髪のタイプの方がいいと思います。

皮脂が出るの抑えたりするものとして、ビタミンB レシチン 硫黄 等があったりします。

頭皮に栄養を与えるものとして、ビタミンA B  オウゴンエキス 等があります。

ここで特に女性の薄毛の改善で育毛剤を使用する際に気をつけてみていただきたい分類

市販の育毛剤には 医薬品 医療部外品 化粧品 があります。

ここで詳しく書いていきます。

医薬品は、国に登録するのが高額なために比較的に価格が高くなる傾向があります。発毛 という表現が使えますし、表示指定成分103種類以外は、成分を公開しなくていいとされています。

医薬部外品は、 育毛 殺菌 浸透 という表現が使えます。医薬品と同じで 表示指定成分103種類以外は、成分を公開しなくていいとされています。

化粧品は、潤いを与える 綺麗になる という表現が使えます。 全成分の表示が義務化されています。 登録料が比較的に安いので価格も安い傾向にあります。

ここで育毛の効くとされている成分についてお話したいと思います。ミノキシジル と フィナステリド というものです。このブログでも、聞いた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ミノキシジルは、もともと血圧を下げる働きがあるお薬として世に出回ってのですが、発毛する効果が分かってきたので発毛の薬として売りに出された経緯があります。血管を広げてくれる作用があるのでその効果かもしれませんね。 リアップが有名ですね。ですが頭皮そのものの硬さを解消してくるわけではありません。

フィナステリドは、前立腺肥大の治療に使われていました。5αリダクターゼ という男性型抜け毛の原因であるホルモンを抑制する事が分かったので抜け毛の治療に使われています。実は、このお薬に毛を増やす働きはないとされています。 ですのでよく聞くのが、この薬を止めたら毛が抜けるのでやめられない・・・と言う方がすごく多いです。これは、単に薬が抜け毛しないようにしているだけなのです。フィンペシア プロペシア という名前はこのフィナステリドの成分が入っている薬の名称です。

よく聞かれるのが、どれくらい使って効果が出ますか? と聞かれる事があるのですが、だいたい6ヶ月前後を考えていただいたらいいかと思います。それ以上の使用は、私は勧めないです。