女性の薄毛と治療法

今回は、世界における薄毛事情にフォーカスしたいと思います。

アメリカ フランス ドイツ スペイン では男性に関していえば成人の40%が薄毛になっているとされています。日本では25%とされています。しかしながら女性の調査は実施されていません。そもそも、女性は男性のように局部的に完全に薄くなってしまうことは殆ど無いので、調査すること自体難しいのです。遺伝的にもアジア人は薄毛になりにくいとされています。

ですので近年、日本人の女性の薄毛が気になり始めた理由として私が考えるに

・食生活の乱れ

・睡眠不足などの日常生活の乱れ

・間違った頭皮ケア

・シャンプー

・ストレス

だと考えています。

女性の薄毛のメジャーな治療法は

・自毛植毛

・発毛法

・育毛法

・増毛法

・カツラ

です。

当院がしているのは 鍼やお灸・整体・気功を使って薄毛の改善をしております。 

話を戻します。ここで世界の薄毛治療で先進的に国がアメリカや韓国があります。韓国では、薄毛=ダメ とういうイメージが日本よりもひどいみたいで、自毛植毛が盛んにされています。韓国は知ってのとおり美容整形大国なので、植毛にもそんなに抵抗がないようです。

この自毛植毛は、海外で盛んに行なわれている方法で、手術によって後頭部の皮膚を切り、薄毛の部分へと毛を移植して補うというものです。日本では、あまり行なわれてはいません。植毛は医療行為になるので病院でしか行えません。自分の毛を植えるので免疫の拒絶反応もほとんど起こりません。見た目の違和感もなく、早く自分の髪の毛を増やしたい方にはいいかもしれません。

しかし自毛植毛にはリスクがあることも忘れてはいけないです。移植した頭部に手術の痕が残ります。移植した毛髪が定着するのに時間がかかる事もあります。その過程で髪の毛も抜け落ちてします事も頭に入れておく事も大変重要になります。技術的にも大変難しいみたいですので、医師としっかりと自毛植毛についてメリット・デメリットを話ておく事が大事です。 人工植毛については、よくないみたいですね。

発毛法の考えとしては、毛根から元気な毛を生やす事を目的としています。病院での発毛として大きく分けて2種類あります。お薬を飲むのと、頭皮に塗ったり皮下注射をするのがあります。 ほかにも病院以外でされている発毛スパがあったりもします。

育毛法には今現在、薄毛で悩んでいる毛根に栄養を与える事で成長を促すのが育毛です。ここで間違いやすいのがあくまでも増やすとゆうよりもこれ以上に薄毛を拡大させない。つまり現状維持が目的の育毛が多いです。

増毛法としては、今現在残っている毛髪に人工の毛を結びつけて、髪のボリュームをアップさせる事を目的とされています。今でいうとエクステのような方法です。この増毛法を受ける方は薄毛の症状は軽く、髪がまだ残っている方が対象となります。気になる薄毛の部分だけに増やす事ができ、すぐに実感できるのが特徴です。しかしながら本当に髪の毛が毛根から出ているのではないために、施術から少し経つと必ず抜け始めて、それにともなって薄毛も進行してします方も多いようです。

 

カツラは、一般的なものです。カツラの歴史は相当古く、エジプト人からのお墓からも発見されているほどです。昔のカツラは、生え際が不自然だったり、誰が見てもすぐ分かってしまうぐらい精度が悪かったのですが、最近のカツラの技術は進歩しています。例えば医療用のカツラでは、人工の皮膚でカツラの内側がコーティングされているので頭皮との境目が全くわからず、他の方が見ても全くわからない品質です。しかしながら、カツラは買って終わりではありません。カツラ自体のメンテナンスもしなければならないのです。このコストもバカにならないほど高いです。

ですのでそれぞれの治療法のメリット・デメリットあるのでしっかりと考えたらいいと思います。

当院の女性の薄毛の治療としては 全身調整 鍼 気功  をします。そしてご自宅での 食生活改善 シャンプーの仕方 ヘアケア を中心に早期にあなたの薄毛が改善する様に全力を尽くします。

お気軽にご相談ください。