女性の薄毛で髪の成長を左右する細胞 38

こんにちわ。福岡天神で女性専門の薄毛改善治療をしている多田です。

女性の薄毛で髪の成長を左右する細胞ということですが

毛の成長を促すものは、毛乳頭 毛母細胞 の2つがとても大事になります。

 

毛包の周りには、網の目の様に毛細血管が走っていて、毛髪の成長に必要な栄養分や酸素などを毛包に送り届けています。

毛根の根元は、中央がくぼんだ球状になっています。このくぼんだ部分にあるのが毛乳頭でその周りにあるのが毛母細胞です。

この2つの細胞が毛髪を生み出して、成長させるのに最も重要な細胞なのです。

毛母細胞は、毛細血管から栄養分を吸収して大きくなっていきます。毛母細胞が上に行くにつれて、毛に変化していきます。

毛乳頭は、髪の毛の成長をコントロールする役割があります。

今、巷で毛髪を成長させる育毛剤が多く売り出されていますが、全てこの毛乳頭と毛母細胞が活性化する成分が含まれているのです。この2つが整わないと毛が生えないのです。

よくクライアントさんから聞かれるのが、

どれくらいから女性の薄毛と言うのですか?   

薄毛になる前の毛の密度を100%とすると 40%になってくると薄毛と感じる事が多いようです。特に日本人は、黒い髪と青白い頭皮で、薄毛が目立ちやすい人種です。また、薄毛になってくると毛髪も細くなる傾向があるので、余計に薄く感じる事が多いと思います。

さらに薄毛で重要な点があります。それは、ヘアサイクルにおける成長期に異常が生じて、髪の毛を作り出す毛包の成長が十分にできていないと薄毛になります。髪の毛は、初期段階には柔らかい毛ですが、ゆっくりと硬い髪毛になってきます。ヘアサイクルに何か異常があると髪の毛の成長が止まってしまい、休止期に入ってから毛が抜け落ちて成長しなくなってしまいます。この状態が長く続くのが円形脱毛症だと言われております。

ヘアサイクルが乱れる原因は様々ありますが、生活習慣の乱れ 頭皮が硬くなる事での血流が低下して毛母細胞や毛乳頭がきちんと働かない 遺伝 ホルモンによる影響 食事 間違った頭皮ケア 等が考えられます。

次回また、詳しくお話していきますね。

 

当院の女性の薄毛の治療としては 全身調整 鍼 気功  をします。そしてご自宅での 食生活改善 シャンプーの仕方 ヘアケア を中心に早期にあなたの薄毛が改善する様に全力を尽くします。

お気軽にご相談ください。

福岡女性専門薄毛改善治療をしている福岡天神 なの花鍼灸整骨院

アクセス・ご利用料金

お問い合わせのメール