薄毛によく効く食べ物ってありますか? 

こんにちわ。福岡女性の薄毛専門治療をしている多田です。

薄毛によく効く食べ物って事ですが・・・

結論からいうとあります!

しかし、これを食べればすぐに髪の毛がフサフサというものはありません。

まずは、健康的な体作りが基本となってきます。

最近女性でも、昼食はラーメンとか夜も唐揚げをいっぱい食べるという方は血中のコレステロールが高くなってしまって毛髪に栄養がいきにくくなって、皮脂の分泌が多くなって髪にダメージをきたしてしまうといった事もあります。

また、脂肪の多い食事で必要以上に肝臓からコレステロールを作り出してしまったり、またコレステロールの摂りすぎで、体のコレステロールのバランスが崩れ血中コレステロール値が高くなってしまい、高コレステロール血症や動脈硬化などの病気を引き起こしている女性の方も増えています。

毛髪にいい食べ物って何でしょうか?

毛髪は、ケラチンというタンパク質からなります。つまり良質なタンパク質を摂る事が髪の毛にとって大変重要となります。タンパク質というのは、肉や魚や大豆です。その次に大事になってくるのがビタミンAになってきます。ビタミンAがなくなってくると、頭皮の皮脂の分泌が減ってしまって、汗が出てくる穴つまり汗腺の働きが衰えて角質層が厚くなってしまいます。

ビタミンB6が不足すると頭皮の皮脂の分泌が多くなってしまいます。つまり、ミネラルを多く含む食事と良質なタンパク質をしっかりと摂る事が重要となってきます。

ここでミネラルについてご説明しておきます。農林水産省のホームページからお借りしました。

ミネラル(無機質ともいいます)には、カルシウム、鉄、ナトリウムなどがあります。必要な量は少ないのですが、人の体の中では作ることができないので、食べ物からとる必要があります。ミネラルは、骨などの体の組織を構成したり、体の調子を整えたりする働きがあります。

地球上に存在する元素のうち、水素、炭素、窒素、酸素を除いたものをミネラルといいます。およそ100種類ある元素の中で、人の体の中に存在し、栄養素として欠かせないことがわかっているミネラルとして、現在16種類(ナトリウム、マグネシウム、リン、イオウ、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素)が知られています。そのうち厚生労働省が摂取基準を決めているのは、イオウ・塩素・コバルトを除く13種類です。

分からなければ私に聞いてもいいですよ。

なるべく摂った方がいい食べ物はアミノ酸です。アミノ酸は毛髪にとって大事な栄養分です。よい毛髪を作るには、いかに質の良いアミノ酸を摂るのかが鍵となってきます。タンパク質はアミノ酸から構成されています。

ちょっと長くなったので続きは次回に。

 

お気軽にご相談ください。

福岡女性専門薄毛改善治療をしている福岡天神 なの花鍼灸整骨院

アクセス・ご利用料金

お問い合わせ