薄毛が気になる女性のあなたが、食べない方がいい5つの食べ物  16

こんにちわ。福岡女性専門の薄毛治療をしている多田です。

薄毛が気になる女性のあなたが、食べない方がいい食べ物 

という事ですが

いきなりお答えします!!

・塩分

・辛いもの

・アルコール

・人工甘味料

・脂の多い食べ物

以上の5つになります。

タバコを合わせると6つとなります。

それぞれ説明していきますね。

まず塩分ですが、身体の中の塩分(ここでいう、ナトリウムですが)が多くなりすぎると体調が変化して、抜け毛が増えて脱毛になったり、薄毛となったりします。ある研究機関によると塩分の摂取量を制限しただけで抜け毛の数が減ったという報告があります。 食塩は、成人男性で1日に8グラム未満、成人女性で7グラム未満にすると薄毛が改善するかもしれません。

辛いものですが、わさび・七味・唐辛子・コーヒーを摂りすぎると、皮脂の分泌が多くなったり、フケが多くなったり、毛が薄くなったりします。特にコーヒーのカフェインを飲みすぎると、自律神経が興奮したりします。またカフェインの作用によって身体の中にあるミネラルやビタミンが無くなってしまうと毛細血管や皮膚の働きが悪くなったりする薄毛になったりします。ですので1日にコーヒーは2〜3杯にとどめておくのがいいと思います。私もコーヒーが好きですが、ノンカフェインのコーヒーを飲んでいます。

次にアルコールですが、飲み過ぎるとビタミンB1がアルコールの分解の過程で身体から無くなってしまうので、毛髪が成長するのを妨げてしまうので注意が必要です。

 

人工甘味料は一般的に、太らないからダイエット向きで、血糖値を上げないから安全安心などと言われていますが、その多くが糖質0、カロリー0でとして、健康的なイメージで人工甘味料を使った商品が多く販売されています。しかし実際は血糖値は上がり、あまり身体にもよくないとされています。薄毛で気になる頭皮においても影響があるので気になる方は控えた方がいいですね。

最後にの多い食べ物も頭皮にはよくないです。脂を摂りすぎると、毛穴も詰まりやすくなりますし、脂漏性皮膚炎になりやすくなったりします。

タバコですが、血管を収縮する機能があるので身体の血液循環が悪くなります。また、タバコを1本吸うごとにビタミンCが20ミリグラムほど消費してしまうので、毛髪の成長にもダメージがあります。ヘビースモーカーの方は、頭皮の水分量が減ったりするので潤いがなくなったり、肌が乾燥してカサカサしたりするので、フケが大量発生したりもします。場合によっても抜け毛が増えたりします。

参考にされてくださいね。

 

お気軽にご相談ください。

福岡女性専門薄毛改善治療をしている福岡天神 なの花鍼灸整骨院

アクセス・ご利用料金

お問い合わせ