女性の脱毛の種類  1  

こんにちわ。福岡天神で女性専門の薄毛治療をしている多田です。

今回は女性の脱毛の種類についてお話をしていきたいと思います。

大きく分けて女性の脱毛の種類は

・分娩後脱毛症、ピル服用中止後脱毛症

・脂漏性脱毛症

・甲状腺機能による脱毛症

・ダイエットによる脱毛症

・薬剤による脱毛症

・牽引性脱毛症

があります。

 

・分娩後脱毛症、ピル服用中止後脱毛症ですがこれは、妊娠して卵子が子宮に着床すると、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの分泌が増加してヘアサイクルの成長が延長して、移行期・休止期に移動しなくなるので抜け毛が止まります。しかしながら、出産が終わると正常なホルモン状態になるために、延長されていた成長期の毛髪が急に移行期・休止期へと変化して脱毛が起こります。

ある研究機関によると約40%の方々が経験しているようです。

ピルを服用していると、人工的に妊娠している状態を作りだしています。

同じように脱毛していきます。6ヶ月〜18ヶ月ほどで元どおりになる方が多いです。

しかしながら、いつまで経っても薄毛のまま数十年もの間、薄毛で悩んでいる方も多いです。

適切なヘアケアが大事になってきます。

・脂漏性脱毛症 ですが頭皮には皮脂腺が多い上に、常在菌も多く生息しています。3〜4日も髪を洗わないでいると過酸化脂質などの炎症を引き起こす物質が発生したりします。

常在菌であるマラセチア・フルフルなどのカビが頭皮を刺激して

表皮のターンオーバーを短くさせて、角質を多く脱落させて大量のフケを発生させます。

この際に脱毛が発生します。

頭皮に生じた炎症性の化学物質などが毛孔を通じて毛根に作用する事で、毛母細胞に変化が起こって
成長期の毛髪が休止期に変化してしまうのではないかと考えられています。

また、頭皮の脂が多い体質の方で、頭皮に白いフケの塊のようなものがついて、毛孔に赤い丘疹を生じる脂漏性湿疹というのがありますが

このような場合の脱毛を脂漏性脱毛と呼ばれています。

この様な場合は、皮膚科等で処方されたカビを殺菌するシャンプーしたり、ビタミンB2 や ビタミンB6 を服用するといいそうです。

・甲状腺機能による脱毛症

これは、甲状腺機能が低下してしまった場合に頭部全体に毛髪の艶がなくなってしまって、乾燥した毛髪になってしまって脱毛が起こります。甲状腺の機能が亢進した場合も脱毛が起こります。

 

続きは次回に

 

お気軽にご相談ください。

福岡女性専門薄毛改善治療をしている福岡天神 なの花鍼灸整骨院

アクセス・ご利用料金

お問い合わせのメール