ヘアカラーによる女性の薄毛

最近では、ほとんどに女性がヘアカラーをしている様ですね。

方法としては、ヘアダイ ヘアマニキュア ブリーチ といった様々な方法があるみたいです。

ヘアダイで染めた毛の色が落ちないのは、ヘアダイの色の粒子が毛の表面と内部の間に入り込むからです。

それに対して、ヘアマニュキュアは毛の表面しか色がつかないので、色が落ちやすいのです。

ブリーチというのは、過酸化水素水(オキシフル)などでメラニンを脱色して、黒い毛を茶色にする方法です。

ブリーチやヘアダイは強いので毛を傷めない様にしないといけないです。

もちろん頭皮にもいい影響があるはずありません。

こういった、染色剤の影響によって女性の薄毛つまり脱毛の原因となったりします。

これはなぜか?というと

染色剤の主成分である、パラフェニンレンジアミンとパラトルエンジアミンが頭皮のタンパク質と結合することで抗原となって皮膚上で抗体を作ります。

そうする事で、抗体と抗原抗体反応が起こって、痒くなったり炎症が起こったりして毛根がダメージを受けて脱毛してしまいます。

また、パーマをする事でも毛根にダメージを受ける事もあります。

パーマ液によって、アルカリとチオグリコール酸が原因で頭皮が赤くなります。

この赤くなる程度はパーマ液の濃度に比例しています。

アレルギーを持っている方によっては、炎症が大きくなってしまってステロイド剤を使ってもなかなか痒みが取れない事も多くあります。

痒みが出た場合はすみやかに皮膚科の医師の診察を受ける事をオススメします

また、年を重ねるにつれて、髪の毛の毛表皮(キューティクル)が薄くなってきます。

そのため髪は細くなって、コシがなくなります。それで髪にボリュームがなくなり、頭皮が薄くなった様に見えたりします。

女性の場合、髪の毛の一番太い時期は30代で、それ以降は右下がりで細くなります。

フケが多くなる原因となったりするので注意が必要です。

お気軽にご相談ください。