シャンプーをすると排水溝に髪の毛がいっぱいつまります。 あと最近、フケが増えて困ってます。

こんにちわ。福岡天神で女性専門の薄毛改善治療をしている 多田です。

1回のシャンプーで、それも何日おきのシャンプーで、何本抜けるかが問題なのです。正しい数の抜け毛かどうかの判断は、日本人の場合には毛髪の数が平均10万本で女性の場合には4〜6年の寿命ですから、仮に5年で抜け変わるとして計算すると

10万本 ➗  5年  = 2万本 が一年の抜け毛です。

2万本 ➗ 365日 = 54.8本 が1日の抜け毛の数となります。

この数値から、私が思うに 1日50〜80本を正常の抜け毛としています。

毎日のシャンプーで50〜80本抜けて正常ですから、2日に1回の洗髪ならばその倍数の100〜160本抜けても大丈夫です。それ以上の抜け毛でしたら専門家に相談するのもいいかと思います。

排水溝に髪の毛が溜まってしまってショックを受けるのでは、なくて冷静に考えるのが大事になってきます。

次にフケのお話ですが

最近、フケでお困りの方が男女ともに増えてきているようです。

ここ数十年で、男女ともに洗髪回数が増加してきて、フケとりシャンプーの普及もあって

以前ほどフケ症の方を見ることは少なくなってきた感じです。

フケは頭皮の角質細胞が新陳代謝されてできる老廃物と垢や埃などが混ざった物質です。

正常であれば目立たないのですが、大量に出るとフケとして認められるようになります。

一般に見られるねっとりとして大きなフケは、脂性のフケと考えてよいでしょう。

皮表膜(脂肪膜)が多くなると、表皮常在菌の1つであるマラセチア・フルフル(カビ)という菌が皮脂を栄養源として異常に繁殖して、頭皮を刺激して頭皮の下部の基底細胞から有棘 顆粒 角質細胞に変化する日数を通常より半分ぐらいに短くしてしまう傾向があります。(通常は28日〜42日)そのために

角質細胞のいらなくなった量が異常に増えて、フケの原因となってしまいます。

これらの対策として、洗髪の回数を増やす事 カビの殺菌剤の使用 

また、硝酸ミコナゾールやヂンクピリチオンなどの入ったフケ取りシャンプーを使用されるのもいいかもしれません。

一方で、洗髪をすればするほど、細かいパサパサしたフケが多くなる女性も時々みうけられますが

これは、細胞をつなぎ合わせている細胞間脂質のセラミドが少なくなって角質細胞どうしのつながりが悪くなってしまって、角質が剥がれ落ちてしますからです。ですのでこのような方は、洗浄力の弱いオイルシャンプーや洗髪回数を減らす事も大事になってきます。

 

お気軽にご相談ください。

福岡女性専門薄毛改善治療をしている福岡天神 なの花鍼灸整骨院

アクセス・ご利用料金

お問い合わせのメール