女性の薄毛に食べた方がいい福岡の食べ物 12

こんにちわ。福岡女性専門の薄毛改善治療をしている多田です。

女性の薄毛に食べた方がいい福岡の食べ物

ですが、髪の毛はタンパク質からできています。毛髪はケラチンという硬いタンパク質から作られています。そしてそのケラチンというのは、アミノ酸からできています。

つまりアミノ酸は毛髪にとっては大事な栄養分です。

女性の薄毛で髪の毛を増やすためは、いかによいアミノ酸を含むタンパク質を食べるのが重要になってきます。

最近、女性のダイエットで食べない方がいらっしゃいますが、そうなると低栄養になったりすると、タンパク質の不足によって3〜4ヵ月すると毛が抜けた薄毛の状態になったりもします。

タンパク質を構成する20種類のアミノ酸のうちで、ロイシン・イソロイシン・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・スレオニン・トリプトファン・バリンの8種類のアミノ酸は身体の中で合成ができませんので食事から摂らないといけないです。必須アミノ酸はひとつでもかけると身体が正常に働く事ができなくなるので注意しないといけないです。

ここでアミノ酸が多く含まれている食品を見分けるには、どうしたらいいかというと

栄養価を数値で表した アミノ酸スコア というのがあります。

100の値に近いほどアミノ酸のバランスがよい食品とされています。

一般的に魚や卵、乳製品はアミノ酸スコアが高いのでこれらの食べ物を女性で薄毛で悩んでいる方は食べられたがいいですよ。

毛髪は、実は18種類のアミノ酸から作られています。この中で最も大事なのがシスチンというアミノ酸で頭皮の毛髪を丈夫にする働きがあります。

シスチンが多く含まれている食べ物は、馬、牛、豚、鳥などの肉類や卵、牛乳、牡蠣、ピーナッツ、大豆、納豆、ジャガイモがあります。食べ過ぎるのもダメなので気をつけたほうがいいですよ。

また、髪の毛のいい栄養といえばビタミンです。

特にビタミンの中で重要なビタミンは、ビタミンB (リボフラボン)が不足すると、毛髪の代謝が悪くなって女性の薄毛になったりします。これらは レバー 卵 牛乳 チーズ 大豆 納豆 魚 に含まれています。

福岡の食べ物で含まれているものと言えば、明太子 や 焼き鳥に なりますね。

薄毛で悩んでいる方は、意識して 魚 肉 チーズ 納豆 類を食べていくといいですよ。

食べ物をきっちりしていって、正しいシャンプーをして、頭皮にあったヘアケアをしていけばかなりの確率で薄毛が改善していきます。

 

お気軽にご相談ください。

福岡女性専門薄毛改善治療をしている福岡天神 なの花鍼灸整骨院

アクセス・ご利用料金

お問い合わせ

 

コメントは受け付けていません。