女性の薄毛に効く育毛剤  

現在、化粧品から医薬部外品、医薬品の扱いまで幅広く女性の育毛剤として販売されています。

よくよく見てみると、医薬部外品の扱いのものが多く感じます。

養毛剤と言われていますが、医薬品には発毛剤と書いてあったりします。

これらの育毛剤と言われる製品の基本的な考え方として

頭皮の状態を良くして、毛球下部への血液の循環をよくすることを目的としています。

それぞれ、説明をしていきたいと思います。

まず、化粧品の育毛剤ですがこれらは、育毛料、養毛料というのが正しい呼び方で、フケやかゆみを抑えて頭皮の水分や油分などを補給する事で、毛髪と頭皮の健康を保って、育毛・養毛の効果を求めるものです。
最近では、化粧品扱いの育毛剤は売られていないようです。

医薬部外品の育毛剤は、頭皮になる毛乳頭や毛球下部の血管を拡張する働きによって、育毛・養毛の効果を上げるもので、脱毛の予防、発毛促進などの効果も期待できるとされています。これらは記載が法律によって認められています。

製品には薬用の表示も許可されています。医薬品とは異なり、美容室や化粧品でも販売できます。

主な原材料として、抹消血管を拡張する唐辛子・生姜・センブリがあり、頭皮を刺激する成分が多く含まれています。

その他にはビタミンやアミノ酸などの栄養剤や細胞を活性化する物質や殺菌剤が入っています。

医薬品の育毛剤は、化粧品や医薬部外品と比べるとさらに効果があるとされています。

頭皮の血液の循環を阻止する物質を取り除く成分が入っていたり、頭皮の毛細血管を広げる成分が入っています。

現在、血圧下降剤からできたミノキシジルを主成分とする製品つまり一般名 リアップ 

血行促進剤の塩化カルプロニウムを主成分とする製品 カロヤン 

が販売されています。

更に病院では、毛乳頭への血液の循環を阻止する物質に対抗する薬としてフィナステリド 一般名 プロペシア

が処方されます。

このプロペシア妊娠中の婦人が本剤を服用したり、破損した錠剤に触れて有効成分が吸収されたりすると、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあるとされているので、くれぐれも勝手に自分で服用したりするのは絶対にやめた方がいいです。

育毛剤や飲み薬を使用する際はくれぐれも注意が必要です。心配であれば、かかりつけ医に相談されるといいと思います。