福岡女性の薄毛治療で効果のある育毛剤って?  26

こんにちわ。福岡女性専門の薄毛改善治療をしている多田です。

福岡 女性の薄毛治療で効果のある育毛剤って?

ですが、前回までのブログで女性の方で薄毛で悩んでいて育毛剤を使おうと思っている方は、育毛剤の成分の中にあるアルコールが少ないものを選んだ方がいいと書いてきましたが、今回は育毛剤の中に入ってる成分について述べていきたいです。

おおまかに分けて次の通りになります。

  • 血行促進
  • 毛髪が成長する細胞に作用するもの
  • 皮脂が出るの抑えたりするもの
  • 頭皮に栄養を与えるもの

があります。この他にも各メーカーがビタミンが多く入っていたり、保湿成分が入っていたりと特色を持って販売しています。それぞれ説明していきますね。

まず血行促進ですが、これは薄毛の方で多いのですが頭皮が硬くなってしまっているので、頭皮の血流をよくするための成分として ビタミンE  センブリエキス  ミノキシジル 等があります。

毛髪が成長する細胞に作用するものとして、塩化カルプロニウム アデノシン アルニカエキス プラセンターエキス 等があります。 この成分にあっている方は、コシがなくて細い毛髪のタイプの方がいいと思います。

皮脂が出るの抑えたりするものとして、ビタミンB レシチン 硫黄 等があったりします。

頭皮に栄養を与えるものとして、ビタミンA B  オウゴンエキス 等があります。

ここで特に女性の薄毛の改善で育毛剤を使用する際に気をつけてみていただきたい分類

市販の育毛剤には 医薬品 医療部外品 化粧品 があります。

ここで詳しく書いていきます。

医薬品は、国に登録するのが高額なために比較的に価格が高くなる傾向があります。発毛 という表現が使えますし、表示指定成分103種類以外は、成分を公開しなくていいとされています。

医薬部外品は、 育毛 殺菌 浸透 という表現が使えます。医薬品と同じで 表示指定成分103種類以外は、成分を公開しなくていいとされています。

化粧品は、潤いを与える 綺麗になる という表現が使えます。 全成分の表示が義務化されています。 登録料が比較的に安いので価格も安い傾向にあります。

ここで育毛の効くとされている成分についてお話したいと思います。ミノキシジル と フィナステリド というものです。このブログでも、聞いた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ミノキシジルは、もともと血圧を下げる働きがあるお薬として世に出回ってのですが、発毛する効果が分かってきたので発毛の薬として売りに出された経緯があります。血管を広げてくれる作用があるのでその効果かもしれませんね。 リアップが有名ですね。ですが頭皮そのものの硬さを解消してくるわけではありません。

フィナステリドは、前立腺肥大の治療に使われていました。5αリダクターゼ という男性型抜け毛の原因であるホルモンを抑制する事が分かったので抜け毛の治療に使われています。実は、このお薬に毛を増やす働きはないとされています。 ですのでよく聞くのが、この薬を止めたら毛が抜けるのでやめられない・・・と言う方がすごく多いです。これは、単に薬が抜け毛しないようにしているだけなのです。フィンペシア プロペシア という名前はこのフィナステリドの成分が入っている薬の名称です。

よく聞かれるのが、どれくらい使って効果が出ますか? と聞かれる事があるのですが、だいたい6ヶ月前後を考えていただいたらいいかと思います。それ以上の使用は、私は勧めないですね。

 

福岡女性専門薄毛改善治療をしている福岡天神 なの花鍼灸整骨院

アクセス・ご利用料金

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。