女性の薄毛で育毛剤を使っているのに何で髪と頭皮が・・・25

こんにちわ。福岡女性専門の薄毛改善治療をしている多田です。

女性で薄毛に悩まれていて、育毛剤を使われている方は多いと思いますが

よく聞くお話で

薄毛で育毛剤を使っているのに何で髪と頭皮が使う前よりも状態が悪くなっている・・・

何でですか?

と聞きます。

これは、一体何ででしょうか?

これは、育毛剤に大量に入っている アルコール の存在と言われていますね。

大体が濃度が50%、半分近くも入っている事が多いです。

ではなぜ育毛剤のメーカーは、大量のアルコールを使っているのでしょうか?

答えは、 育毛剤に入っている毛が増える成分を頭皮にある毛根の下にある細胞までしっかりと届ける為に入っています。

しかしながら、この強力なアルコールの為に髪や頭皮が傷んでいると考えられます。

育毛剤を薄毛で気になる頭皮の部分につけた際に スッ とする感覚は 実はこのアルコールなんですよね。

この感覚って何か分からないですけど、頭皮に効いている〜 って感じもしますしね。そこを狙ってメーカー側も使用している様です。

アルコールが弱い方や全くダメな方は、皮膚がダメージを受けやすいので薄毛で使用する際は考えてみるのもいいですよ。

ここで、疑問に思われる方もいると思うのでお答えします。

じゃあ、市販されている育毛剤は全てダメなのか?

という事ですが

そんな事はありません。

ネットや薬局で 必ず生える!!  髪が元気になりました!!  などの広告を目にする事があると思いますが

どれを選んでいいのか分からないというお声をいただく事があります。

TVCMやラジオでタレントさんが使っているから とかで決めてしまいますよね??

何を基準に決めたらいいのでしょうね?

私の個人的な意見としては、 育毛剤のアルコールの成分が低いものを選ぶ事をお勧めします。

アルコールが全てダメという事では、ありませんよ。

ある研究者によると育毛剤のアルコールの適切な濃度といったものは分からないらしいですが、私は、大学が理学部化学科でしたので、そこから考えると5%ほどが適切かなと思います。法律的には、どれくらい配合した方がいいかは表示する義務はないです。

育毛剤の裏の表示で上から書いてある順に入っている成分があります。

心配な方は、しっかりと裏面を見られたらいいですよ。

女性の薄毛で悩まれている方は、参考にされたらいいかと思います。

少し長くなったので続きは次回に

 

お気軽にご相談ください。

福岡女性専門薄毛改善治療をしている福岡天神 なの花鍼灸整骨院

アクセス・ご利用料金

コメントは受け付けていません。