白髪について 67

こんにちわ。福岡天神で女性専門の薄毛改善治療をしている 多田です。

今回は、毛髪の状態について説明していきたいと思います。 参考文献は 新ヘア・サイエンス 日本毛髪科学協会 著です。

白髪は老化現象の一つです。色素細胞(メラノサイト)は毛球部で毛母(角化)細胞にメラニン色素を供給して、毛髪は黒く見えます。何らかの原因でメラニン色素が無くなってしまうと白髪になります。しかし現在の科学技術においてもなぜ色素が無くなってしまうかは不明です。
ある研究者によると色素細胞の機能の低下やその数の減少、消失が考えられています。

毛母細胞の幹細胞は、毛球部が障害を受けると、毛球部にいってその修復に関係しますが、色素細胞の幹細胞は毛周期の時に1回だけ関与しているとされています。1度白髪になってしまった毛髪は途中から黒くなる事はありません。

白毛が抜け落ちた後の毛周期のさいに色素細胞の機能が回復して黒い毛を生やすのです。加齢による白髪は、毛周期を繰り返す内に色素細胞の幹細胞が次第に衰えて色素細胞がメラニン色素を産生できなくなるためと考えられています。この白髪は黒い毛に戻る事はありません。現在は、染める事が唯一の対策です。

日本人の平均、白髪の発生年齢は、男性が30才代前半、女性が30際代後半で、頭髪の半分が白くなるのは55才頃で、女性の方が男性よりやや早いと言われています。しかし個人差が大きく、遺伝的な要素や精神的ストレスと関係があるとされています。白髪は、太く長い毛の方が早く起こりやすく、まず頭髪に始まって、眉毛、あごひげ、ワキ毛に出てきます。

若白髪は、加齢による白髪と異なって10才代後半から20才代に白髪になる人がいます。他の異常を伴わないで白髪にだけなる人もいます。

また、ある部分に局所的に白髪がたまっている状態で、脱色素性母斑などや尋常性白斑(白なまず)、化学的に生じる事もあります。
円形脱毛症の場合、白髪まじりの方は白髪だけ残る事があります。これは白髪の毛包にはメラニン色素が無い、つまり、異常毛包であるため、自己免疫反応が起こらないためと考えられます。また、円形脱毛症が治る際に、初めに白髪が生えてくることがあります。

 

当院の女性の薄毛の治療としては 全身調整 鍼 気功  をします。そしてご自宅での 食生活改善 シャンプーの仕方 ヘアケア を中心に1日でも早くあなたの薄毛が改善する様に全力を尽くします。

お気軽にご相談ください。

福岡女性専門薄毛改善治療をしている福岡天神 なの花鍼灸整骨院

アクセス・ご利用料金

お問い合わせのメール

コメントは受け付けていません。