発毛剤は効果があるの?   86

 

こんにちわ。福岡天神で女性専門の薄毛治療をしている多田です。

よくテレビ等で発毛します! 毛が新しくできる という事であれば、医学的には毛根は生まれた際から数は増えないとされています。

しかし、現在毛を作っていない毛根つまり毛根から髪が生える事を発毛というのであれば、それは正しい広告であると考えていいと思います。

しかし、一般的には細くなっている毛が太くなっても発毛と言っているようです。

この場合は育毛と言うべきです。

髪が生えた! と言うのは、日本皮膚科学会では、毛の直径を測定して、太くなっていれば効果ありと判定しています。一部では同一箇所を同一条件で写真を撮って、それを複数の人間の目視によって判定をしていますが、非科学的だとの声も聞かれるようになってきています。

一部の研究者によっては、頭皮の反射光測定などの新しい測定方法をしています。

毛髪は、1日平均0.3〜0.4ミリしか伸びないのですから、期待はせずにやっていくのがいいと思います。

また最近では、皮膚の成分の1つであるコラーゲンが毛髪にも良いとの事で、毛髪製品にも入れられているようです。

これは、コラーゲンはタンパク質の1つで、皮膚の若さを保つ上で大きな役割を持つ真皮の膠原繊維とういうものの主成分です。

コラーゲンを直接真皮に取り入れることができれば、皮膚の若さを保つことができると思いますが、水に溶ける性質があること、分子量が大きい事から、皮膚や毛髪に塗る事では吸収されません。

しかし保湿作用が大きいので、水分を必要とする皮膚や毛髪に保湿剤としてコラーゲンの入った製品を使う事は、毛髪にとって大変有効的です。

よく、当院のクライアントさんにコラーゲンを飲んだらいいのですか? と聞かれる事も多いのですが

コラーゲンはタンパク質ですから、体内では、ポリペプチドからペプチドへ、更にはアミノ酸へと分解されないと、吸収されません。

これが、髪の毛の再生に使われてるのを考えると、かなり確率的には少なくなっていきます。

また、保湿剤としてさらに強力なヒアルロン酸が脚光を浴びています。1グラムで6リットルの保水力は大変魅力的です。

また、最近、コラーゲンを分解されることなしに真皮に注入する技術が進み、美容皮膚科では多く使用されてきています。

 

 

お気軽にご相談ください。

福岡女性専門薄毛改善治療をしている福岡天神 なの花鍼灸整骨院

アクセス・ご利用料金

お問い合わせのメール